風の島 菅島 菅島について 観光スポット 菅島のまつり 菅島の特産品 菅島TOPページ 菅島へのアクセス リンク 風の島 菅島 フェイスブック

しろんご祭り

 しろんご祭りとは伊勢志摩を代表する海女の祭りで、菅島古くからで「しろんごさん」と呼ばれる島の守護神白髭大明神をお祭りし、大漁・豊漁と海上安全を祈願するための祭りです。この祭りがおこなわれる「白浜」は一年を通じて禁漁区であり、この祭りの日のみ漁が許されます。ほら貝の合図で島の海女たちが一斉に潜り、雌雄一対の鮑をとるために競いあいます。
 一番最初にとられたつがいの鮑が白髭神社に奉納されます。この鮑を「まねき鮑」と良い、一番初めに「まねき鮑を」取った海女が、一年間海女頭として崇められ、豊漁が約束されると伝えれています。
 沖合では鳥羽磯部漁業協同組合菅島支所によるによる奉祝会場パレードが行われ、浜辺では婦人会による踊りや、物販販売などが行われます。
 また、祭り終了後、大漁と安全を願う、この島独特の縁起物である島のご老人がつくった「垂れ柳」の販売などもあります。
 しろんご祭りは、昭和46年8月18日に鳥羽市の指定無形民俗文化財に指定され、また平成8年には環境省が選定した「日本の音風景100選」に選ばれています。