風の島 菅島 菅島について 観光スポット 菅島のまつり 菅島の特産品 菅島TOPページ 菅島へのアクセス リンク 風の島 菅島 フェイスブック

菅島の見どころ

菅島灯台

「菅島付近の海面は数多くの岩礁があり、古くから、船人を悩まし、いくつもの人命が海の藻屑と消え、当時の船乗りは「鬼ヶ埼」と呼んで恐れていたそうです。 江戸幕府が成立して人口は年々増加し、そのため食糧が不足し始めたため、江戸幕府は川村瑞賢の説をとり、1670年、現在の山形県酒田市から日本海を経由し、下関から瀬戸内海に入って大阪へ、さらに紀伊半島をまわって江戸という、いわゆる西回り航路が開発され、東北の米を江戸へ運ぶことになりました。しかし、菅島周辺の海では難破する船が続出したので、ここに「かがり火」を設けて目標としました。これが菅島灯台のはじめです。初期には露天で火を燃やしていましたが、その後風雨を避けるため「かがり火小屋」を建て、任命された専門の者が火を守ったという話です。菅島灯台は明治6年7月1日に点灯しました。英国人技師、リチャードヘンリーブラントンが在日期間の末に設計、建設した灯台で、国産の白色レンガを使っており、近く安乗崎灯台とともに静岡県御前崎から和歌山県樫野崎間では最も古い灯台で、灯台竣工式には時の政府高官、西郷隆盛以下が多数出席したそうです。建築費は当時のお金で4,490円でした。戦後になり、昭和29年4月14日、自動点滅器が取り付けられ従来の不動灯から変更されました。昭和27年3月には停電にそなえ発電機が設備され、昭和28年8月1日より鳥羽航行路標識事務所の管下に入り、1名の職員が駐在していましたが、昭和34年4月に太陽光線を利用した自動点灯スイッチが取り付けられ無人の灯台になりました。

灯台の職員官舎は昭和39年8月に明治時代の貴重な資料として愛知県犬山の明治村に移転されました。
http://www.meizimura.com/visit/s30.asp#a01

菅島神社

明治6年應神天皇を祭神とする菅島神社は村社として定められ、同年12月5日に境内社の八王子社、天王社、土の宮社など村内の各社を合祀して菅島神社となりました。
天保11年(1840)と嘉永3年(1850年)の棟札が残されています。境内にある祠には綿に包まれて姿の見えない神様が祀られており、島に子供が生まれるとお宮参りに訪れ薄い真綿をかけて健やかな成長を祈願します。

冷泉寺

冷泉寺は曹洞宗のお寺で本尊に釈迦三尊像を祀っています。お寺が所蔵する鰐口は三重県下最古のもので、鳥羽市に指定有形文化財として昭和46年8月18日に指定されており、興国5年(1344年)の作られたといわれています。鰐口とは仏閣の堂前に太い綱とともにつるしてある円形の大きな鈴のことです。中空で下方に横長の裂け目があり、参詣者が打ち鳴らします。鰐口の銘によると、今から660年ほど前、矢田部信行という人が42歳の厄除けに伊豆の三島神社へ奉納したものであり、作者は沙弥西念と彫られています。詳しいことは不明ですが、三島神社は伊豆にあり、どういう訳か菅島に流れ着いたものとみられます。

紅つげ群生地

1月から2月、常緑のツゲの葉が赤く色づき、大山の山頂から南面、中腹を巻くように真っ赤に染め上げます。

干す文化

冬になる北西からつ用意風が吹く菅島は古くから干物文化が盛んです。伊勢えびやサメ、鯛、ワカメなど季節に応じて様々な旬の食材を干す風景を見ることができます。

白髭神社

白髭大明神を祀っている小さな神社です。
毎年七月に行われるれるしろんご祭りでは、海女が最初に獲ったつがいの鮑が奉納されます。
漁師さんの大漁と人々の家内安全を見守る島の守り神です